Nginxのパフォーマンス調整用に「wrk」を入れてみる

ちょっと Nginx のパフォーマンス調整をしたくなったけれど、Apachebench(ab)使うのもなんだかなあと思って新しいのを使ってみた。

たぶん、コンカレントな性能を見るには ab よりもこの wrk のほうがいいんじゃないかと思う。中身に luaJit を使っているので軽くて信頼が置けそう。印象論。手順。

げ! install ターゲットがない! なに?? 最近の流行?? しかたない。適当に。

これで、

とかやる。14632.23 Requests/sec。まあ遅い。

で、ちょっと調整することにする。ちなみに「h2o 使えば?」とかなしで。

14632.23 Requests/sec → 18706.75 Requests/sec

んー。2000リクエスト/秒の改善か。今回、バックエンドとしてさらに、

nginx + php_fpm + WordPress

が入ってるので、こんなもんなんだろうな。

って、ああ。Proxyキャッシュ忘れてる。ディレクトリがなければ、

として、

とかしておこう。ただ、キャッシュはふつうに wrk でベンチマークしても no_cache だろうから効果不明。めんどくさいし体感で見るか。